JPCERT「パスワードは12文字以上にして、紙にメモして人目に触れない場所で保管しましょう」

民間団体のJPCERT(JPサート)コーディネーションセンターは、ウェブサイトのID・パスワード設定で、どうすれば安全性が高まるか啓発するサイトを開設した。 サイトでは「パスワードは12字以上で」、「紙にメモして人目に触れない場所で保管する」といった方法を紹介している。

JPサートはまず、12文字以上の長さのパスワードを設定することを勧めている。12文字以上であれば英数字だけでも473京通りの組み合わせが生じるので、相応の安全性が見込めるという。

だが、パスワードの文字列12字も長くなると、記憶するのが難しくなる。そこで好きな日本語をローマ字で表現し、前後に英単語を付け加えるなどの方法でパスワードを作るとよいとアドバイスする。

一般的な英単語だけでは、パスワードに使われやすい単語や人名を事前に用意し、認証を試みる「辞書攻撃」と呼ばれるサイバー攻撃手法で破られる危険性が高いと警告する…
続きはソース元で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33729280S8A800C1X20000/

https://www.jpcert.or.jp/pr/2018/stop-password2018.html

続きを読む

Source: IT速報
JPCERT「パスワードは12文字以上にして、紙にメモして人目に触れない場所で保管しましょう」



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク