中国でQRコードを使った窃盗事件が続出。これがキャッシュレス大国の実態かよ…

キャッシュレス大国の中国でQRコードを使った窃盗事件が続出中だという。

中略

QRコードを利用した犯罪は主に2つのパターンがある。スマホにウイルスを感染させることで、利用者のウォレットから金を盗むというものと、自前で作ったQRコードを上から張り付けて、自分の口座にお金を落とさせるものだ。

中国全土でシェアサイクルに火が付いた2017年には、中国には自前のQRコードを何百枚と印刷し、夜中に張り付けて回る“窃盗団”も出現した。QRコードからリンクをたどっていきついた先で、ユーザーの身分証番号、カード番号、携帯番号など重要情報を盗み取られる被害も続出している。セキュリティのゆるいQRコード決済からの「巻き上げ」など朝飯前だ。

しかも、ひとたびトラブルに直面すると、泣き寝入りするしかないのが中国社会だ…
続きはソース元で
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58098?page=2

続きを読む

Source: IT速報
中国でQRコードを使った窃盗事件が続出。これがキャッシュレス大国の実態かよ…



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク