スマホ決済をめぐり各社の競争が激化、普及には使い勝手が課題

スマートフォンによる決済を巡り、にわかにサービス各社の競争が激化しているという。

ヤフーとソフトバンクが出資する会社が同社の決済利用者に100億円の還元キャンペーンを始めたところ利用が殺到し、13日、わずか10日間で同キャンペーンが終了した。190万人の利用者を獲得した。LINEも14日、同様のキャンペーンを始めた。ただ参入企業が乱立する日本でスマホ決済が普及するかは不透明だ。

13日夜、…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38955830U8A211C1EA6000/

続きを読む

Source: IT速報
スマホ決済をめぐり各社の競争が激化、普及には使い勝手が課題



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク