AGC、窓ガラスに透明ディスプレイを組込む技術を開発

AGCは、窓ガラスに透明ディスプレイを組込む技術を世界に先駆けて開発したと発表した。これにより、窓ガラスから見える風景に重ねて情報を表示できるようになるという。

AGCは視認性に優れ、空間に浮かんだようなデザインが特徴のinfoverre(インフォベール)を2013年に開発。ガラスに映像を表示するサイネージとして、ビル・空港・ショッピングモールなど様々な場所に導入している。

AGCの持つ複層ガラス製造技術をinfoverreと組み合わせることにより、窓ガラスへ透明ディスプレイを組込むことに成功。電源を切っているときは通常の窓ガラスで、電源を入れることで窓ガラスに映像が表示される。

この技術により、窓が情報を表示するプラットフォームとなり、風景に合わせて周辺の観光情報等をリアルタイムに表示できるようになる。

今後は…
続きはソース元で
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1184581.html

列車内での導入イメージ
http://www.agc.com/news/detail/1199209_2148.html

続きを読む

Source: IT速報
AGC、窓ガラスに透明ディスプレイを組込む技術を開発



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク