先進国では人工肉が大ヒットし、巨大なビジネスに。ヴィーガン批判とか頭昭和で本当に恥ずかしいぞ

ビヨンド・ミートの株価が示すように、世界では人工肉への期待が大きい。先進国では、ヴィーガン向けを販売する店舗が続々と増えている。

米ファストフードチェーンが、割高でも人工肉バーガーは客足や売上高を伸ばすとの期待から投入を急いでいるのに対し、人工肉の供給業者は注文を満たすのに苦労している。

ビヨンド・ミートとインポッシブル・フーズが生産する人工肉は、ファストフード店によると米各地の飲食店2万店近くで販売されている。調査会社テクノミックが6000業者のメニューを調査したところ、3月の時点で米飲食店の15%が人工肉バーガーを提供しており、提供する店舗は前年から3%増加した。ベジタリアン向け商品の導入は、環境に優しくヘルシーな商品を…
https://jp.wsj.com/articles/SB10016968069388204124204585346173387080854

続きを読む

Source: IT速報
先進国では人工肉が大ヒットし、巨大なビジネスに。ヴィーガン批判とか頭昭和で本当に恥ずかしいぞ



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク